寺だな

麻生の日々とかお知らせとか

夏になって……

お久しいです。麻生です。

 

私は夏と冬が死ぬほど忙しい仕事をしています。

自分で望んでその会社に入り、自分で望んでその部署にいるのですが、やっぱり忙しいのは嫌だなぁと思います。

それは勤めている会社が嫌だとか、業界が嫌だとかいうものではなくて、単純に作業量が膨大だから嫌!って感じです。この一瞬を過ぎれば別にどってことない日常に戻るんですけどね。

 

私の場合は常に小説を書いていないとダメなタイプで、それがストレス発散になっているのですが、執筆もままならないほど忙しいです。もうやだなー。ってなるくらいには。

 

親にも友達にも、なんでそんな業界いるの?といわれますが、仕方ないんすよ、私、忙しくない会社はダメなんで。仕事に忙殺されるのは嫌だけど、ある程度忙しいところが好きなんです。好きなときに休みが取れなくても、他部署から仕事が回ってきても、別にそれはそれでいい。そういう場に身を置いていること自体が成長の一助になっているのだと考えています。

 

こうして忙しい時間は、執筆には確かにマイナスだけど、知識をためる時間としてはとても有意義なんです。

人は時間がないと何でも速くこなそうとします。おかげさまで検索スキルはすっごく高くなりましたし、タイピングも速くなりました。聞かれたことを調べて、伝えるのも速くなった。Excellent。

まぁ、要は、私が仕事人間なだけなんですけどね。医療系従事者でもないし、捜査に携わっているわけでもないし、ましてスポーツ選手でもない、忙しいだけの仕事人です。

今、書いている「エーデルワイスは踊らない」も続きを書く時間がないくらいですが、たぶん落とさずにいけると思います。仕事人ですから。

 

さて、続きを書くかぁ。